BRAND CONCEPT

ROMANTIC PAST

―異文化の融合が生み出す新たな価値―  

これまで人類は、異なる文化が出会い融合することで生まれた新しい文化によって発展してきました。

例えば、明治時代に日本に西洋の文化が取り入れられた後に生まれた大正ロマン。また、それ以前の19世紀後半の西洋諸国で流行した工芸品や浮世絵といった日本の芸術が海外の幅広い芸術作品に影響を及ぼした“ジャポニスム”。

このように異なる文化が混ざり合うことで生まれた新しい世界と、その世界に抱く希望や夢を私たちは「ROMANTIC PAST(ロマンティックパスト)」と表現しブランドコンセプトとしました。

 


SOURCE OF DESIGN

CLASSIC TATTOO

※1902年に生まれた船乗りOscar Folke Larsson 兄弟が所有していたタトゥーテンプレートのコレクションの一部。


スカンジナビア沿岸では、若い男性が航海に出ることが一般的でした。彼らは世界を巡る船仕事を通して出会う異国の文化に触発され、地位や経験を表す永久的な印を身体につけました。これがタトゥーの原点です。

 SOSSNA&COは「形を変えない永久的に存在するものへの敬意」として、永久的に残るタトゥーをその思いの象徴とし、クラシカルタトゥーの画法から受けたインスピレーションにブランドデザイナーが現代のトレンドやニーズを掛け合わせてデザインしています。

 


MAIN METHOD OF DESIGN

EMBROIDERY

SOSSNA&COのデザインはすべて刺繍で表現しています。

時を重ねることで独特の風合いが増し、着る人の生活に馴染み、新たな魅力や価値を生み出す刺繍を「衣類に施すタトゥー」と位置づけ、ブランドメッセージを伝える最良の手法として採用しました。

また、SOSSNA&COの商品はすべて受注後に最終仕上げとなる刺繍を施します。

お買い求めいただいた方への感謝とSOSSNA&COのプロダクトから始まる新しいライフスタイルを楽しんでいただきたいという気持ちを込めて、一針一針思いを込めて仕上げます。

 

 

 

ブログに戻る